ロゴ

個人再生にかかる費用は50万円前後とされている

>レポート>個人再生の費用を要チェック!返済額が低減される

個人再生の費用を要チェック!返済額が低減される

硬貨

弁護士に依頼しましょう

借金の額が大きくなりすぎて自力での返済が難しくなってしまった場合には、債務整理の手続きを検討しましょう。債務整理は裁判所の判断や当事者同士の話し合いで債務を整理するための手続きであり、自己破産・個人再生・特定調停・任意整理の4つの方法があります。債務整理の手続きは債務者本人が行うこともできますが、実際には様々な法律知識が必要になるため弁護士などの法律の専門家に依頼をすることが一般的です。個人再生の手続きを弁護士に依頼する場合には、手付金・成功報酬・各種実費費用などを支払うことが必要になります。実際に支払う費用の相場は借金の額により異なりますが、総額で50万円〜60万円程度が必要な費用の目安だと考えてください。

お金

自宅の所有が認められます

個人再生は裁判所の認定により行われる債務整理の方法です。同様に裁判所の認定により行われる自己破産では債務の免除が認められ、借金の返済からは完全に開放されますが、一方の個人再生では債務の減額が認められ、減額された借金の残額は3年から5年程度で計画的に返済していくことが必要になります。ただし自己破産では債務者の資産は全て借金の返済に充てられるのに対して、一方の個人再生では一部の資産を持ち続けることが認められますので、債務整理で自宅を処分したくない人には個人再生がおすすめだといえるでしょう。個人再生の手続きを弁護士に依頼する場合には、手付金費用が30万円程度、成功報酬費用が20万円〜30万円程度、その他には実費費用の支払いが必要になります。