法律は身近にある

普段はあまり意識しないで生活していますが、実は法律は生活に密着しているものだといえます。法律をはじめとする士業に関わる仕事も司法書士や行政書士、そして税理士などいくつかあり、交通事故や債務整理といった身近な問題を解決してくれているのです。

弁護士に依頼して助かったことランキング

男性
no.1

専門的な手続きの代理

法律関係で一番困ることといえば、手続きが難解なことです。審判や訴訟といったことは、普段あまり関わらないことなので素人では勝手がわかりません。それを弁護士が手伝ってくれるのでとても楽という意見が多いです。

no.2

交渉の窓口になってもらえる

なんらかの争いがある人と一緒に話し合いをするのは、それだけで心理的負担になってしまいます。弁護士がいてとても助かることは、次にこういった精神的な負担を減らすために交渉の窓口になってくれるという点があります。

no.3

トラブル対策になる

そもそも、トラブルになると解決に時間もかかってしまいますし、金銭面でも大きな打撃になります。これを防ぐことができるのが弁護士を始めとする専門家の存在なのです。特にフリーランスや企業の経営者などは頼るべきです。

借金のことも相談しよう

問題が山積してくると困ってしまうことといえば、借金の問題があります。個人や企業で債務整理をしたいのであれば、手続きを弁護士や司法書士といった専門家に依頼するべきです。

債務整理を誰に頼む?司法書士と弁護士の比較

司法書士

弁護士よりも依頼する際にかかってくる費用が抑えられるのが特徴です。気軽に相談できるというのも魅力ですが、代理権の範囲が弁護士よりも限られています。

弁護士

代理行為に制限がないのが心強いところですが、任せられる範囲が広いからこそ依頼する際の費用も大きくかかってきます。しかし、少額で抑えられる仕組みもあります。

個人再生の手続きは難しい【弁護士を始めとする専門家にお任せ】

相談

個人再生の方法

借金の整理をする方法には個人再生という方法もあります。整理の方法には有名な方法として自己破産がありますが、それとは異なり返済する額を減らす方法をとるのが個人再生なのです。
少しでも借金を返したい、任務整理と自己破産以外の方法で債務整理をしたいという人に合っている方法といえます。

女性

気になる費用

個人再生は弁護士に相談することが多いですが、この時に気になってくるのが依頼のためにかかる費用です。
司法書士よりも高くなってしまう弁護士費用なので、しっかり事前に確認しておきましょう。確認の際には、弁護士費用だけでなく、収入印紙代などの費用の内訳も知っておくと良いです。

相談

費用の内容

申し立てには必ず裁判所や必要機関に提出する収入印紙代がかかってきます。収入印紙といえば数千円程度と認識している人も多いですが、個人再生となると一万円はかかってくるので注意です。
官報に掲載するための費用はもっと高く、12000円はかかります。また、内訳の多くを占めるのが個人再生委員への報酬となります。

相談

少し高くなってしまうケース

支払いが苦しくなってしまう借金の種類としては、住宅ローンがあります。個人再生では住宅ローン特約がありますので、もしローン滞納をしたときの対策ができるのです。
注意したいのが住宅ローン特約は通常の個人再生よりも費用が10万円ほど高くなってくるという点です。

詳細に調べることが大事

個人再生のことをはじめ、交通事故に遭遇するなど不測の事態が発生すると慌ててしまいます。こんなとき、慌てて自分で処理をしないでよく対処法を調べるのがポイントです。よく調べてみないと、債務整理をする際に住宅を手放すことにもなりかねません。